自宅で永久脱毛をするのは不可能

永久脱毛って安全なの?

永久脱毛の安全性に不安を感じている人もいるでしょう。

 

では、永久脱毛をしてトラブルが起こる可能性はあるのでしょうか?

 

結論からいうと、あります。

 

基本的に、火傷や肌トラブルを起こす可能性は低いですが、100パーセント安全という訳ではありません。

 

施術する人の技術力不足や使用する機械の性能によっては、火傷を起こしたり、肌トラブルを起こす可能性もあります。

 

敏感肌の人、乾燥肌の人、アトピー肌の人が脱毛を行うと、肌トラブルを起こすリスクが高いです。

 

そのため、トラブルが発生する確率もゼロではないということを理解した上で、受けるようにしましょう。

 

ただ、永久脱毛をする場合、病院で受けることになるので、仮に火傷や肌トラブルを起こしても、すぐに対処してもらうことができます。

 

それに、脱毛する前にカウンセリングを行うので、肌トラブルを起こしそうな肌質の場合は、断られることも多いです。

 

また、日焼けをしている場合は、火傷をする可能性が高いので、脱毛を行うことができません。

永久脱毛って本当に永久なの?

永久脱毛をすると本当に永久に毛が生えないのか、疑問に感じている人も多いはずです。

 

永久脱毛を受けた場合、もう二度と毛が生えてこないのでしょうか?

 

結論からいうと、絶対ではなく、生えてくることもあります。

 

そもそも永久脱毛の定義は、米国電気脱毛協会による「脱毛終了から1ヶ月経っても毛の再生率が20%以下」というものです。

 

つまり、毛が全く生えない状態を永久脱毛と定義している訳ではありません。

 

脱毛が終わった後に毛が生えても、毛の再生率が20%以下なら、それは永久脱毛と呼べるということです。

 

そのため、永久脱毛をする場合には、毛が生えてくる可能性もあると理解した上で行いましょう。

 

最も効果が高いのは、クリニックで受けられるニードル脱毛です。

 

ニードル脱毛とは、毛穴に電気を流した針をさして脱毛する方法で、これであればみなさんがイメージするような永久脱毛を行える可能性があります。

 

それ以外の脱毛法は、どうしても毛が生える可能性が高いと思ってください。

永久脱毛の痛さってどのくらい?

永久脱毛は痛いというイメージが非常に強いですが、実際のところ、どのくらい痛いのでしょうか?

 

まず、永久脱毛をする場合、使用される脱毛方法はレーザー脱毛とニードル脱毛の2つです。

 

レーザー脱毛とは、医療レーザーを脱毛したい部分に照射して、毛を成長させる組織を破壊するというものです。

 

ニードル脱毛は、毛穴に電気を流した針をさして毛を成長させる組織を破壊して脱毛するという古くからある脱毛方法ですが、近年ではレーザー脱毛が主流になっています。

 

一般的に、レーザー脱毛の場合、輪ゴムで弾かれた程度の痛みだと表現されることが多いでしょう。

 

そのため、痛いと感じる人もいれば、痛みをほとんど感じない人もいるので、痛みには個人差があると思ってください。

 

一方、ニードル脱毛は痛みが強いです。

 

レーザー脱毛と比較すると遥かに痛みが強いので、ある程度の我慢をしないといけません。

 

痛みに敏感な人だと、通い続けることができない場合もあります。

 

そのくらい痛みが強いですが、効果はレーザー脱毛よりも上なので、確実に永久脱毛したい人はニードル脱毛を選んでいるようです。

永久脱毛の料金の相場って?

永久脱毛をする場合、気になるのが料金ですよね?

 

永久脱毛というと、なんだか高額な費用がかかるイメージがあると思います。

 

確かに、永久脱毛の料金は高いですが、中には安いところもあるので、複数のクリニックを比較してみてください。

 

そうすることによって、少しでも安く永久脱毛を受けることができます。

 

また、料金の相場は脱毛部位によって異なると思ってください。

 

例えば、多くの女性が希望されるワキの永久脱毛の場合だと、6回の施術で1万5000円~3万円くらいです。

 

キャンペーンを利用すると、5000円前後で受けられる場合もあります。

 

全身脱毛の場合は、6回の施術で30万円~60万円くらいが相場のようです。

 

ただ、クリニックの中には、30万円以下で受けられるところもありますし、60万円以上かかるところもあります。

 

それに、毛の量が多いとそれだけ施術回数が多くなるため、必然的に費用が高くなってしまうでしょう。

 

場合によっては、全身脱毛するのに100万円以上かかってしまうこともありますから、料金システムをよく確認するようにしてください。

永久脱毛をする時の注意点って?

永久脱毛をする時の注意点は、以下の通りです。

  • 脱毛後に肌に強い刺激を与えない
  • 健康保険は適用されない
  • 自己処理を控える

 

脱毛後というのは肌が敏感になっているため、強い刺激を与えてしまうと肌トラブルを起こす可能性が非常に高いです。

 

病院で説明があると思いますが、脱毛した当日は日焼けを避けたり、入浴を避けないといけません。

 

また、化粧水やローションなどの使用を禁止されたり、制限されることもあります。

 

それに、永久脱毛を受ける場合、健康保険は適用されないため、全額自己負担です。

 

永久脱毛は医療行為ですから健康保険が適用されそうなイメージですが、治療ではなく美容行為に該当するので、適用されません。

 

そして、永久脱毛中は自己処理を控えるようにしてください。

 

自己処理をしてしまうと毛の周期に合わせた脱毛ができなくなってしまうので、効果が薄くなったり、脱毛を断られる場合があります。

 

もし、永久脱毛をしたいのであれば、こういったことに注意しながら通うようにしてください。

病院で永久脱毛した方がいい?

永久脱毛をしたいと思った場合、病院で脱毛を行ってください。

 

なぜなら、永久脱毛は病院でしか受けることができないからです。

 

脱毛サロンの中には、永久脱毛ができると謳っているところもありますが、できないので騙されないでください。

 

脱毛サロンではフラッシュ脱毛と呼ばれる方法で脱毛を行うことがほとんどですが、これは毛の量を減らしたり、毛の成長を遅くすることを目的としています。

 

そのため、脱毛が完了しても毛が生えてくる可能性が高いです。

 

ただ、何度も通うことによって、永久脱毛に近い効果が出る可能性もあります。

 

一方、病院で行う脱毛は、医師や看護師以外には施術することができない医療脱毛というものです。

 

これは脱毛サロンで行うフラッシュ脱毛よりも効果が非常に高く、永久脱毛を行うことができます。

 

このように、永久脱毛ができるのは病院だけなので、希望される場合は必然的に病院に通うことになると思ってください。

 

医療脱毛を行っている脱毛サロンも稀にありますが、それは違法行為ですから通わないようにしましょう。

自宅で永久脱毛ってできるの?

どこにも行かずに、自宅で永久脱毛をしたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

結論からいうと、自宅で永久脱毛をするのは不可能だと思ってください。

 

永久脱毛ができるのは、病院で行っている医療脱毛のみです。

 

そのため、通うのが面倒という気持ちは分かりますが、病院に行かないと永久脱毛はできません。

 

しかし、家庭用脱毛器を使用すれば、ある程度毛の量を減らしたり、毛の成長を遅くすることは可能です。

 

家庭用脱毛器の大半は、サロンに行くと受けられるフラッシュ脱毛が採用されています。

 

フラッシュ脱毛とは、光のエネルギーで毛母細胞を破壊するという脱毛方法で、何度も照射することによって効果が現われます。

 

ただ、家庭用脱毛器の場合、使い方を間違えてしまったり、安全性が低いものを使用してしまうと、火傷や肌トラブルを引き起こす可能性があるので注意してください。

 

トラブルなく脱毛するためにも、安全性が高いものを選び、正しい方法で使用するようにしましょう。

生理中は永久脱毛できないの?

生理中だと、永久脱毛を受けることができない場合があります。

 

中には、できるクリニックもありますが、できないところの方が多いと思ってください。

 

では、どうして生理中だと永久脱毛できないのでしょうか?

 

それは、生理中というのはホルモンバランスが乱れているため、肌がとても敏感だからです。

 

通常であれば肌荒れを起こすほどの刺激ではなくても、生理中だと肌荒れを起こす可能性があります。

 

そのため、生理中の永久脱毛を禁止しているところが多いという訳です。

 

それに、生理中の永久脱毛を行っているところでも、アンダーヘアの脱毛は禁止しています。

 

これには衛生上の問題が大きく関係しており、できるのはアンダーヘア以外の部分になります。

 

脱毛をするクリニックによって、生理中の施術ができるかできないか変わってくるので、事前に確認しておいた方がいいかもしれません。

 

また、生理中と同じような理由から、妊娠中の場合にも永久脱毛の施術を断られることが多いでしょう。


脱毛 短期間 全身脱毛 コスパ 月額制 脱毛 痛くない医療脱毛 vio脱毛 医療