あまり痛くない!そんなに高くない!多くの女性が損をしないで全身脱毛出来ちゃいます

永久脱毛をする時の痛さについて

永久脱毛は痛いというイメージが非常に強いですが、実際のところ、どのくらい痛いのでしょうか?

 

まず、永久脱毛をする場合、使用される脱毛方法はレーザー脱毛とニードル脱毛の2つです。

 

レーザー脱毛とは、医療レーザーを脱毛したい部分に照射して、毛を成長させる組織を破壊するというものです。

 

ニードル脱毛は、毛穴に電気を流した針をさして毛を成長させる組織を破壊して脱毛するという古くからある脱毛方法ですが、近年ではレーザー脱毛が主流になっています。

 

一般的に、レーザー脱毛の場合、輪ゴムで弾かれた程度の痛みだと表現されることが多いでしょう。

 

そのため、痛いと感じる人もいれば、痛みをほとんど感じない人もいるので、痛みには個人差があると思ってください。

 

一方、ニードル脱毛は痛みが強いです。

 

レーザー脱毛と比較すると遥かに痛みが強いので、ある程度の我慢をしないといけません。

 

痛みに敏感な人だと、通い続けることができない場合もあります。

 

そのくらい痛みが強いですが、効果はレーザー脱毛よりも上なので、確実に永久脱毛したい人はニードル脱毛を選んでいるようです。

永久脱毛は病院でやった方がいい理由

永久脱毛をしたいと思った場合、病院で脱毛を行ってください。

 

なぜなら、永久脱毛は病院でしか受けることができないからです。

 

脱毛サロンの中には、永久脱毛ができると謳っているところもありますが、できないので騙されないでください。

 

脱毛サロンではフラッシュ脱毛と呼ばれる方法で脱毛を行うことがほとんどですが、これは毛の量を減らしたり、毛の成長を遅くすることを目的としています。

 

そのため、脱毛が完了しても毛が生えてくる可能性が高いです。

 

ただ、何度も通うことによって、永久脱毛に近い効果が出る可能性もあります。

 

一方、病院で行う脱毛は、医師や看護師以外には施術することができない医療脱毛というものです。

 

これは脱毛サロンで行うフラッシュ脱毛よりも効果が非常に高く、永久脱毛を行うことができます。

 

このように、永久脱毛ができるのは病院だけなので、希望される場合は必然的に病院に通うことになると思ってください。

 

医療脱毛を行っている脱毛サロンも稀にありますが、それは違法行為ですから通わないようにしましょう。


脱毛 短期間 全身脱毛 コスパ 月額制 脱毛 痛くない医療脱毛 vio脱毛 医療