全身脱毛の料金比較!痛みの無く効果も高い全身脱毛はここだ!

永久脱毛をしたい場合、必然的に医療脱毛を選ぶことになります。

エステサロンや家庭用脱毛器でも永久脱毛ができると思われがちですが、病院や美容クリニックの医療脱毛でしか行うことができません。

 

このことを知らない人が多く、カウンセリングの時に初めて気づくケースも珍しくないです。

 

エステサロンで受けられるのは特殊な光を使用した光脱毛で、確かに脱毛効果はありますが、あくまでもムダ毛の処理を楽にすることを目的としたサービスです。

 

そのため、施術を行ってもそのうちムダ毛が生えてくるので、半永久脱毛だと考えてください。

 

一方、医療脱毛はムダ毛を生えなくすることを目的としています。

 

使用する脱毛器のパワーも非常に強く、医師や看護師ではないと使うことができません。

 

永久脱毛ができると謳っているエステサロンもたまにありますが、それは不可能なので騙されないでください。

 

真っ当な営業をしているエステサロンは永久脱毛という言葉は使わないです。

医療脱毛の副作用について

医療脱毛は出力が強い脱毛器を使用するので、副作用を起こす危険もあります。

 

代表的な副作用

  • 赤みや腫れ
  • 火傷
  • 毛嚢炎
  • 硬毛化や増毛化

 

施術後に肌が赤くなったり、腫れてしまうことが少なからずあります。

 

肌が弱いと数日間はこの症状に悩まされるかもしれません。

 

症状が酷い場合は炎症を抑える薬を処方してもらうことができます。

 

滅多にありませんが、火傷をする危険もあります。

 

炎症を起こすことはあっても火傷をする可能性は低いので、そこまで心配する必要はありませんが、可能性があるというのは理解しておきましょう。

 

毛穴にばい菌が入り込み、毛嚢炎を起こす場合もあります。

 

毛嚢炎とはニキビのような症状のことです。

 

そして、毛が硬くなる硬毛化、毛が多くなる増毛化といった副作用を起こす可能性も考えられます。

 

施術後にこういった症状が現れた場合は、利用した医療機関に相談してください。

 

そのまま放置するとさらに悪化する可能性があるので注意しましょう。


脱毛 短期間 全身脱毛 コスパ 月額制 脱毛 痛くない医療脱毛 vio脱毛 医療